« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

ポスト肉の日

160630_01

6月最終日の30日、ふと焼肉を食べたくなっておでかけ。
お肉の味は期待できない焼肉屋さかい。

アルコール 90分飲み放題 税込 \999-は魅力的。
プレミアムモルツ 7杯飲んだら元は取れたかなぁ。

壺漬けカルビ、10秒ロース、鶏もも、てっちゃん、レバー、カルビクッパ…。
1人前の分量が少ないというのは、色々な味を楽しめていいのかもしれない。

写真の鮮やかな色とは全然違う、どす黒いお肉はどうなのか…。
唯一レバーだけは美味しいと思える。

翌日にひんしゅくを買うのをわかっていながら、ニンニクすり下ろしを2瓶空ける。
「にんにくまん」と呼ばれるほどニンニクは大好物。

せめて1ヶ月に1回は焼肉の日をもうけたい。
冷たい風が気持ちいい。

焼肉屋さかい 伏見横大路店
京都市伏見区横大路芝生33-1
075-605-8929
11:30-15:00、17:00-25:00(年中無休)
166席
http://www.yakiniku.jp/sakai/

からあげクン

160629_01

牛と唐揚げを食べたくて「なか卯」へ飛び込む。
あまりに汚い店舗にお客さんは皆無。

味付けの濃い牛丼、スパイスが利きすぎた唐揚げ。
なんだかなぁ。

やっぱり牛丼は吉野家かな。
唐揚げは…、おうちで。

レトロ建築で有名な「富士ラビット」の1階に店舗を構える、非常に珍しいなか卯の店舗。
かつてT型フォードの輸入代理店で自動車の販売を営んでいた日光社の営業所跡地。

趣のある建築が泣いている。

なか卯 七条新町店
京都市下京区七条通新町西入夷之町721
075-353-7557
24時間営業(年中無休)
http://www.nakau.co.jp/

ほろ酔い

160628_01

ほろ酔い気分を味わいたくて、魚の美味しい大衆居酒屋へ。
ビニールのカーテンが食欲をそそる。

大好物の鯖をスーパードライとともに。
雨上がりの心地よい風を感じて。

大衆酒場 ゑい司
滋賀県大津市粟津町7-16
077-533-0031
15:00-23:00(月曜休み)

夜明けの街で

160627_01

東野圭吾さんの『夜明けの街で』が止まらない。

「不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた」
「愚の骨頂だ」

不倫を馬鹿にしていた主人公が、不倫の魅力にどっぷり浸かって家庭を崩落させていくストーリー。
後半は、東野圭吾らしく殺人事件が絡み合う。

最後まで一気に読み進めてしまう面白さ。
お薦めの一冊。

夜明けの街で
東野圭吾
角川書店
ISBN978-4-04-873788-3

京都南部一望

160626_01

ホームコースの万灯呂山から臨む京都南部の景色。
今にも雨が降りそうな雲行き。

空気は澄んでて綺麗に見渡せる。
麓はほたる鑑賞の名所。

大正池までのダートへ続く。

とく

160625_02

サービスイマイチな焼肉。
食べ放題は安い肉のみ。

食べ放題より厳選肉をいただきたい。
炭火はいいね。

雨上がる。

炭火焼肉とく
京都市下京区七条通新町西入夷之町714 ゑびすスクエアビル1階
075-361-1129
17:00-24:00(年中無休)
カード不可

11.8g/dL

160625_01

大雨のなか足を運んだ献血ルーム。
1週間空けて、ヘモグロビン濃度は 11.8g/dLで今回も不可。

まるで女性の血液と揶揄されても来週また来ようと思う。
明日、大手筋ルームへ行ってみようかな。

献血ルーム京都駅前
京都市下京区不明門通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル6階
0120-569-356
10:00-18:00(年中無休)
http://www.kyoto.bc.jrc.or.jp/

風物詩

160624_01

そろそろ素麺が美味しい季節。
凉を求めて貴船の川床でおいしくいただくのもいいね。

熟成極み素麺
http://www.nisshin.com/jukuseikiwami/

東京マック

160623_02

久しぶりにマクドでDQP。
堂々とメニューに記載されてる表の「裏メニュー」には興味なし。

有明パークビル店のDQPは完成度低くて残念。
スタッフの対応もイマイチ。

お店によってハンバーガーの完成度が違うのは問題視されないのかな。
スマイル有料。

マクドナルド 有明パークビル店
東京都江東区有明3-7-11 有明パークビル1階
03-3599-2556
7:00-21:00(年中無休)
180席
http://www.mcdonalds.co.jp/

雨ニモ負ケズ

160623_01

前が見えないくらいの豪雨に見舞われた日本列島。
雨雲と共に移動。

雨男万歳。

雪解の詩

160622_01

新潟県の小さなおかき屋さん、「みゆき堂本舗」のおかきで一服。
お米が原料のおかきは洋菓子より身体に優しく感じる。

みゆき堂本舗
新潟県新潟市北区新崎1-13-33
0120-002-370
http://www.miyukidou.co.jp/

デザイン

160621_01

パッケージデザインも商品のうち。
商品の存在を際立たせる要素のひとつ。

BENCINY
京都市左京区岡崎西天王町84-1
075-761-3939
12:00-17:00(土・日曜営業)
https://www.facebook.com/bencinycraftchocolatemakers/

燃え尽きた夜

160620_01

リミッター解除して全開走行。
キュウリとナシゴレンをアテに。

2時間なんてあっという間。
朝までGO。

シダックス 京都丹波口クラブ
京都市下京区中堂寺坊城町3-1
075-812-2220
11:00-29:00(年中無休)
http://www.shidax.co.jp/sc/

流れるすし

160619_03

昼間の閑散時間帯はまともなお寿司が流れてこない西京極店。
それでも、食事時はそれなりのお寿司が流れてくるらしい。

夜は意外に待ち客多数。
それでも10分待ち程度。

本部も認める西京極店の悪いオペレーション。
閑散期はギリギリで回してても、混雑時はある程度余裕があるらしい。

それでも、崩れたシャリ、落ちたネタ、流れてるお寿司はとても食べたくなる代物ではない。
お皿が回転してることはないのに「回転すし」とは誰が名付けたのかなぁ。

お皿は回らず流れてくる。
「流れるすし」が正解?

たまにはいいね。

かっぱ寿司 西京極店
京都市右京区西京極東大丸町2
075-321-0893
10:00-23:00(年中無休)
156席
P 45台
http://www.kappa-create.co.jp/

雨の貧血

160619_02

京都府は平成28年度に血漿分画製剤の原料となる血漿成分の確保量が大幅に増加したことから、
定期的な成分献血に協力いただける方を募集してる。

1年間最大の24回、2週間毎に欠かさず通ってほしいという。
たやすい御用と思いつつ、ヘモグロビン濃度が12.0g/dLに届かず断念すること数多。

大雨の中、献血協力者が少ない時に限って数値が低い…。
想い届かず申し訳ない。

献血ルーム京都駅前
京都市下京区不明門通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル6階
0120-569-356
10:00-18:00(年中無休)
http://www.kyoto.bc.jrc.or.jp/

Tim Tam Original

160619_01

オーストラリアのお土産といえば「Tim Tam」。
さくさくの食感としっかりまとったチョコレートのバランスがいいね。

Arnott's Biscuits Holdings
http://www.arnotts.com.au/

沢の池

160618_03

帰りに右京区鳴滝にある「沢の池」へ寄り道。
湖畔でゆっくりくつろぐ方々多数。

灼熱の太陽のもと、湖畔に漂うそよ風が気持ちいい。
BBQもいいね。トレイはない。

おにゅう峠

160618_02

気持ちのよい快晴の青空のもと、おにゅう峠に立つ。
立派な石碑が眩しい。

滋賀県側は綺麗に舗装された気持ちいいワインディングロード。
福井県側は大きな落石混じりのダート。

グラベル半分、ターマック半分。
モタードにもってこいの場所。

手軽に300kmコース。
山でゆっくりお昼寝もいい。

森林浴

160618_01

初夏の気持ちいい陽気。
それでも早朝の山中は震えるくらい涼しい。

都会の喧噪から離れて静かな森の中を散策。
田舎生活を羨む1日。

戦闘糧食II型やきとり

160617_01

自衛隊の食料、「戦闘糧食II型やきとり」。
五目飯、白飯、やきとり具のセット。

電子レンジやお湯がないと食べられないけど、その準備はある前提。
なるほど意外にイケる。外で食べるといっそうおいしいに違いない。

フクシマフーズ、武蔵富装、ホテイフーズ。
製造者は全国多岐にわたる。

軍事産業に不景気はない所以。
憲法9条どこへやら。

HENRI LE ROUX

160616_01_2

『YOKUMOKU』といえば、「シガール」を思い浮かべる。
キャラメリエの『アンリ・ルルー』ブランドも『YOKUMOKU』が展開しているのは初耳。

上質なお菓子は心をも豊かにする。

C.B.S. 8個入り \1,296-

YOKUMOKU
http://www.yokumoku.co.jp/

金箔入り

160615_01

頭痛を麻痺させるために昼間からワインを召す。
金箔入り入りスパークリングで頭も沸騰。

熊本牛

160614_01

熊本産の牛肉を堪能。
スーパーで売ってるお肉は全く味がしない。

吉野家がアメリカ産牛肉にこだわるのがよく分かる。

ほうれん草堅パン

160613_04

北九州名物の「くろがね堅パン」。
定番のプレーンと胚芽入りの他、ほうれん草、ココア味もあり。

プレーンがいちばんいいね。
あご強化訓練。

くろがね堅パン
株式会社スピナ
http://www.spina.co.jp/

ソニック待ち

160613_03

通勤・通学者が多くを占める普通ワンマン電車の乗り継ぎ待ちで出発が遅れる883系ソニック。
遅れたソニックの乗り継ぎ待ちで出発時刻が遅れるのぞみ14号。

新幹線の出発時刻を遅らせる、日本で唯一の特急電車ソニック。
お客様を優先した徹底的なサービスの賜物。

JR九州万歳。
水戸岡さん万歳。

883系青いソニック

160613_02

間接照明と本革シートのシックな雰囲気を醸し出す885系白いソニック。
明るいフローリングにお茶目なシートの883系青いソニック。

水戸岡デザインを最も楽しめるのは JR九州。
意外なところにも水戸岡さんの息吹を感じる。

ソニックの車内販売がなくなってしまったのは寂しい限り。
車内販売スタッフは、「ななつ星」や「或る列車」に注力される。

総勢スタッフ22名でまわすおもてなしの心。
嘘偽りのない笑顔が素敵。

わずかな時間

160613_01

楽しい時間はあっという間。
貴重な体験は、記憶の奥深くに残り続ける。

記録より記憶に残る旅を楽しみたい。
写真撮影厳禁。

JRおおいたシティ
大分県大分市要町1-14
097-513-1220
http://www.jroitacity.jp/

SWEET TRAIN

160612_03

熊本、長崎、福岡、宮崎、大分の食材を生かしたスイーツの数々。
お弁当、スープ、スイーツ4皿と十分なボリューム。

「BAR ARU」から提供される、都農ワインのロゼスパークリング、都城ワイナリーの赤ワインと共に。
日向夏ジュース、堀口珈琲、八女茶とスイーツと合わせたソフトドリンク。

鉄ちゃん皆無、9割女性。
年齢層は50代から80代。

裕福な方のみ味わえる貴重な体験。
上質な味覚も求められる。

JR九州のアテンダントも最高のおもてなしを演出。
満足度200%、お薦めの旅。

JR KYUSHU SWEET TRAIN 或る列車
http://www.jrkyushu-aruressha.jp/

或る1日

160612_02

SWEET TRAIN 「或る列車」で非日常の1日を過ごす。
原信太郎さんの構想を水戸岡さんが実現。

成澤シェフプロデュースのレシピと共にいただく極上スイーツ。
至極の2時間30分。

「ゆふいんの森」、「ななつ星」との出会いも演出のひとつ。
心が豊かになるひとときを満喫。

JR KYUSHU SWEET TRAIN 或る列車
http://www.jrkyushu-aruressha.jp/

日田に立つ

160612_01

激しい雨に打たれながら、由布院駅前で佐伯出身の力士嘉風の相撲イベントを楽しむ休日。
その後、キハ185系の「特急あそ」に乗って日田へ。残念ながら「特急ゆふいんの森」には乗れず。

由布院から特急で1時間。綺麗になった日田駅と駅前広場。
日田駅も水戸岡さんのデザイン。

駅前に何もないのは変わらない。
唯一、「ホテルルートイン」が建設中。

JR九州
http://www.jrkyushu.co.jp/

とんかつワイン

160611_06

とんかつにワイン。
食材の味を確かめるのにソースは不要。

とんかつととんかつ。
共食い。

梅雨入り

160611_05

紫陽花には雨が似合う。
梅雨空に映える青。

カスタマイズ天国

160611_04

ベンティソイ抹茶クリームフラペチーノ、アド4ショット、ヘーゼルナッツシロップ、モカシロップ、モカチップ、
モカソース、抹茶パウダー増量、ホイップ増量。

パートナーも驚きのカスタマイズ。
¥1,025-也。「かつくら」へ行ける。

スターバックスコーヒー 大分下郡店
大分県大分市下郡北3-25-16
097-554-8133
8:00-24:00(年中無休)
ドライブスルー
http://www.starbucks.co.jp/

メガマフィン

160611_03

メガマフィンとカプチーノでモーニング。
本当は、「ビッグブレックファスト・デラックス」を楽しみたいところを我慢して。

マクドなら551のようにテロの心配なし。
自分で気づかないだけかな…。

日本マクドナルド
http://www.mcdonalds.co.jp/

のぞみちゃん

160611_02

のぞみ95号に乗っておでかけ。
N700系の車体傾斜装置は不快な揺れは皆無で快適そのもの。

透き通るような青空が綺麗。
それでも明日は雨…。

水戸岡イズム

160611_01

水戸岡さんの熱い魂を手軽に感じられる「或る列車」。
「ななつ星」より手が出やすいものの、プレミアチケットであることに変わりはない。

JR KYUSHU SWEET TRAIN 或る列車
http://www.jrkyushu-aruressha.jp/

ウコンの力

160610_01

飲み会の翌朝は「ウコンの力」のお世話になる。
違いの分かる男。石丸幹二。

ハウスウェルネスフーズ
http://ukon.house-wf.co.jp/

お見送りの儀式

160609_01_2

送別会に集まる人数は、主賓の人気度を測るバロメーター。
幹事が驚く参集者の数。

意外性に誰もが驚く。
飛ぶ鳥跡を濁さず。

茶色に変色したレタス。
3テーブルに二盛りのお造り。

3人席に2人前の串カツ盛り合わせ。
全てがお客様ではなくお店都合のコースメニュー。

食材は絶品でも、お客様をもてなす姿勢は皆無。
今時珍しい対応のお店。燃えるだけある。

大蔵家 総本店
滋賀県大津市粟津町17-16
077-533-4343
17:00-25:30(火曜休み)
180席

連鎖

160608_01

真保裕一の『連鎖』を読了。
汚染牛肉からチェルノブイリ原発事故、さらには…。

次々と繋がっていくストーリーはまさしく「連鎖」。
そして、その結末は…。

真保裕一らしい、読み始めたら止まらないミステリー。
まさかこんなからくりとは…。

久しぶりのアタリ。
真保裕一作品にハズレはない。

お薦めの一冊。
間違いなく。

連鎖
真保裕一
講談社文庫
ISBN4-06-185719-3

ニューカマー

160607_01

新たな機材を手に入れた。
ポケットに入るコンパクトさを犠牲に、明るいレンズが生む綺麗な描写。

一眼とコンデジの間に鎮座する中途半端な位置づけ。
気軽に持ち歩けないことが唯一の悩み。

CMOSセンサのサイズは、S110と同じ 1/1.7型。
解放F値1.8、マクロ1cmは素晴らしい。

Canon
http://canon.jp/

タイムスリップ

160606_01

意外に嬉しい真摯に綴られた想い。
2週間後に届く年輪にほくそ笑む。

いい仲間。
一期一会。

ユッカ

160605_02

「ユッカ・エレファンティペス」が仲間入り。
メキシコ東南部原産、リュウゼツラン科ユッカ属の観葉植物。

空気を綺麗にしてくれる観葉植物。
トマトとオクラが待ち遠しい。

雨の献血

160605_01

朝まで雨が残ってたから?
ずいぶん空いてる献血ルーム。

見慣れない顔がちらほらあるのは、6月で異動があったのかな。
DVDを観られなくなったのはかなり残念。

仕方なく、「an an」片手にTVを観る。
おっと、「しまなみ海道」サイクリングをやってる。コロッケ美味しかったなぁ。

粗品は、ウェットティッシュと永谷園のお茶漬け海苔。
体内年齢は変わらず 17歳。体組成計に乗るのが唯一の楽しみ。

献血ルーム京都駅前
京都市下京区不明門通七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル6階
0120-569-356
10:00-18:00(年中無休)
http://www.kyoto.bc.jrc.or.jp/

みたらし

160604_03

『楽豚』から県道49号線をさらに北上すること5分。
「道の駅あやま」へ到着。

休憩がてら、お決まりのみたらし団子をいただく。
\90-とリーズナブルなのが嬉しい。他にも目的が…。

オーソドックスなみたらし団子、「秘伝甘辛ダレ」を 1本。
そして、特産品の「はさめずしょうゆ」も 1本食べたい。

食堂や野菜売り場はほとんどが地元の方々。
道の駅に野菜を買いに行く時代。お土産もたくさん。

こんなに流行ってる道の駅が他にあるかなぁ。
ソフトクリームは、食堂だと \210-。お団子屋さんは \250-。

道の駅あやま
三重県伊賀市川合3370-29
0595-43-9955
9:00-18:00(水曜休み)
http://www.michieki.jp/eki/683/

炭焼豚丼

160604_02

名阪国道を壬生野I.C.で降りて、県道49号線を北上。
地元民で人気の『豚菜しゃぶしゃぶ楽豚』でランチ。

今年で10年目を迎える、豚肉料理のお店。
鹿児島産のナチュラルポークと伊賀米、そして旬の野菜。

炭火で焼かれる豚肉は、炭のいい香りとほろほろととろけるような柔らかさが絶品。
まずは、オーソドックスな「炭焼豚丼」 \700- を味わいたい。特盛 \880-と格安。

以前のお店から少し南に下がったマンション1階へ移転。
可愛らしいオレンジ色の暖簾が目印。

雰囲気のいいお洒落な店内には、豚のマスコットがたくさん鎮座する。
カウンターには豚足が積まれてる。一足 \500-、ハーフ \250-。

ボリュームのある スペアリブ \850-もお薦め。
名物の豚しゃぶしゃぶを食べるために、ゆっくり夜に訪れたいお店。

お客さんはほとんどが地元民。
お昼時はすぐに満席となる人気ぶり。

箸袋に金の豚か銀の豚を見つけたら。
それは幸運の印。

豚菜しゃぶしゃぶ楽豚 伊賀本店
三重県伊賀市川谷3528-3
0595-51-5246
11:30-14:00、17:30-22:00(月曜夜、火曜休み)
http://rakuton.iinaa.net/

プチツーリング

160604_01

「DUCATI DIAVEL」とプチツーリング。
R163から針テラス、名阪国道経由の三重、信楽、枚方。

直線は追いつけないものの、コーナーで差を詰める。
タイトな峠は重量差がものをいう。

軽さは速さ。
高速は苦手。

もち吉

160603_01

『もち吉』の「牛乳かりんとう」が美味しい。
牛乳たっぷりの一口サイズ。

ほどよい甘さと目が覚める歯ごたえ。
ポリポリと気づいたらなくなってた…。

賞味期限が半年以上前でも問題ない。
賞味期限切れ食材求む。

もち吉
https://www.mochikichi.co.jp/

四都物語

160602_01

キリンビールから、一番搾りの4缶セットが届いた。
北海道千歳工場、横浜工場、神戸工場、福岡工場、の4工場限定商品。

名称はそれぞれ、「北海道づくり」、「横浜づくり」、「神戸づくり」、「福岡づくり」。
工場は9つでも、47都道府県それぞれの土地や風土に合わせて作られた「47都道府県の一番搾り」。

味の違いが分かるかな…。
+αの何かがないと売れない時代。

キリンビール
http://www.kirin.co.jp/

微発泡ロゼ

160601_01

欧州、南米、中南米のワインがずらり。
1本だけスペインビールが仲間入り。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »